一致団結できるクラスTシャツを作成するために必要なノウハウを解説

学生生活を送る中で、体育祭や文化祭などのイベントはクラス全員が一致団結して行う大きなものです。そういった時に目で見える形として団結を示したいものです。選択肢のひとつとしてお揃いのものを持つことがあげられますが、お揃いのクラスTシャツを作成してみるのはいかがでしょうか。タオルやアクセサリー類と比べてサイズが大きなものになるためデザインの幅も広がりますし、写真撮影をした際に写真映えもしやすいです。また、イベントが終わった後も部屋着などに使い回すこともできるのもメリットとして挙げられるのではないでしょうか。しかし、Tシャツを作成するというとデザインはどう決めたら良いのか、自分たちで費用を抑えて作ることはできないのか、業者に依頼する場合は何をすべきかなど、ハードルが高いものに聞こえがちです。今回はクラスTシャツを作成する方法や業者に委託した場合の流れなどについて説明します。

クラスTシャツを完全自作してみよう

費用をギリギリまで抑えたい、自分たちだけのオリジナルなクラスTシャツを作成したいという場合にお勧めなのが、少し手間はかかりますがTシャツを完全に自作する方法です。作り方としては、無地のTシャツを用意して、市販されているアイロンプリントシールや作成キットを利用する、絵の具などで直接絵や文字を描くといった方法が挙げられます。安価なものであれば100円均一ショップで販売されているものもあるので、使い方や枚数によっては業者に依頼するよりも大幅にコストダウンが望めます。デザインも規定がないので、ベースのデザインを揃えた上で1人1人が自由に作成し、オリジナリティの高いものを作ることも可能です。ただし、デメリットとしてクオリティは業者に依頼するものと比べて下がってしまうことが多いこと、洗濯などで色落ちしてしまうことがあるため、繰り返し着る場合は注意が必要なことが挙げられます。

業者に委託してプロの仕上がりに

クラスTシャツの作成にあまり時間がさけない、きれいな仕上がりのものが良いという場合は、専門の業者に依頼することをお勧めします。デザインと印刷方法、Tシャツの素材を選んで業者に依頼すると作成してもらえるケースが多いです。デザインを作る時間も取れない、既存のデザインに似たものにしたいという場合は、業者が持っているデザインの中から選択することも可能です。費用は自作に比べるとかさんでしまいますが、内訳は印刷料金とTシャツの代金のみで、デザイン料金は発生しないことが多いので費用面も安心ですね。Tシャツの印刷方法も1色だけ使用するものからフルカラー、ラメ加工など幅広く選ぶことができるほか、写真をプリントしてもらうこともできます。自分たちに合った方法で、素敵なクラスTシャツを作成してみましょう。