初めての方でも簡単にクラスTシャツを作成する方法を解説

運動会や文化祭などで作るクラスTシャツを手軽に作る方法として、まず一般的なのはアイロンプリントを使う方法と100円均一グッズで作る方法があります。他にはTシャツ作成する専門業者に依頼するという方法もありますが、初めての方でも簡単にクラスTシャツを作りたいなら自宅でまずは気軽に作成してみてはと思います。アイロンプリントする時に必要なTシャツ転写紙は手軽で比較的手に入ります。そして最近の100円均一グッズは意外にも自作Tシャツを作成するために必要な物が揃っていますので便利です。クラスTシャツを初めて作る際気軽に作成できます。作り方もシンプルなので、クラスのみんなと一緒に楽しみながら作成できるのも魅力です。アイロンプリント、そして100円均一グッズで作る簡単な方法を解説します。

一般的な方法アイロンプリントでTシャツを作成する方法

アイロンプリントでTシャツを作成する時に必要なのは、まずはプリントしたいTシャツとデザインデータ、それを印刷するためのプリンターにTシャツに転写するための転写紙、そしてアイロンが必要になります。転写紙は近くの文具店等で簡単手に入ります。まずはパソコンからデザインデータをプリントします。心配なら試し刷りをします。転写紙をプリンターにセットし、印刷設定でTシャツ転写紙と選択して印刷します。印刷した転写紙をデザインに合わせ切ります。この時5ミリ余白を残します。次にアイロンで転写します。位置を確認して丁寧に圧力をかけ転写紙をアイロンします。その際に圧力が足りないと転写紙が剝がれてしまいますので注意してください。アイロンが終わったら熱を冷ましてシートを剥がしたらクラスTシャツの完成となります。

100円均一アイテムで作成するクラスTシャツ

クラスTシャツを作成するなら楽しく手軽に作りたい、そんな時に100円均一グッズでTシャツを作成するという方法があります。100円均一は種類が豊富で意外にTシャツを作る道具などが揃っています。デザインが印刷されている紙にカッター、マット、布用スタンプなど100円均一で揃います。デザインをした紙をカッターで切り抜きます。その紙をTシャツにテープで貼りカッターで切り抜いた部分を布用スタンプでポンポンと生地になじませます。しっかりインクが馴染んだらドライヤーで乾かしたあと紙をはがして出来上がりとなります。布用スタンプの色を途中で変えたりするとカラフルなデザインになります。スタンプを濃くしたり薄くしたり色々アレンジが出来るので楽しみながらクラスTシャツを作って思い出づくりになります。