優秀な人材採用を行うためのコツ

どの会社も優秀な人材採用を望んでいますが、そのためにはいくつかのコツがあります。まず面接でどのような質問をするのかが重要です。求めるのはその人の潜在的な能力なので、それをどのように引き出すのかがポイントと言えます。多くの会社では面談の際に、志望動機を聞きます。実はここに、応募者の価値観が現れることを知っておく必要があります。何を求めて入社を希望するのか、その本音を引き出すことが必要です。そして必要とするのは、自身の向上を求めるような人です。探求心があり物事の本質を求めるタイプというわけですが、このような人材は自立心があります。仕事を自分から探しますし、何をすれば良いのかも自身で考えます。そして常に効率化や問題の発見を求めることになります。

面談では会社もチェックされていることを知る

優秀な人材というものは、面談の際に会社についてもしっかりと観察しています。自分が働く価値がある環境であるかどうかをチェックしているわけです。そこで、人材採用を行う場合には、応募者の質問にどのように答えるのかが大事です。例えば会社の取り組みに関しての質問を受けるとすれば、そこには会社の理念や経営方針を反映させることになります。優秀な人材はそのような方針を重視しています。もちろん、社員みんながその理念の元に働いていることが大事です。そのためには、人材を採用する前に社内の規律などをしっかりとしておくことが大事です。応募者を社内に案内する時にも、その印象は非常に重要です。働きやすいと思えること、やり甲斐を感じてもらえることが何よりも大切なことと言えます。

中途採用者を選ぶ際のポイントについて

中途採用者を選ぶ場合の人材採用にも、ポイントがあります。まずどのような取り組みをしてきたかを聞くことが大事です。具体的に実績を聞くこと、そこからどのような学びを得たのかを聞くことが重要と言えます。優秀な人材は常に学ぶ姿勢を持っているので、成功からも失敗からも色んなことを学んでいるものです。つまり、失敗したことやこれから何を身に付けようとしているのかも聞く必要もあります。大抵の人は成功したことは語りますが、失敗については語りません。けれども優秀な人材は失敗の数が多いほどに多くの知識を蓄積させることを知っています。そのために、自らの失敗を語ることは不利になるとは思いません。その点を留意して面談に臨むことが重要です。最後にこの会社でどんなことに取り組みたいのかを聞けば、どのような活躍が期待できるのかを判断できます。